脅威的な存在

害獣駆除の価格的傾向

害獣とは人間の生活を脅かす野生動物であり、すなわち人間に経済的、身体的な被害をもたらす厄介な存在です。一般にいう害獣は数多く、様々な動物を指しています。こうした害獣を野放しにしないために、害獣駆除を行います。害獣駆除を自前で行う人もいますが、一般的には害獣駆除を専門に扱っている駆除業者に依頼することになります。実際害獣駆除と言ってもやることは駆除だけでなく周辺の洗浄や、家屋内の補修など作業は多岐にわたるため、専門的な業者に依頼したほうが賢明です。作業内容は状況によって大きく変わるため駆除のみで見た場合、平均的に2万円ほどです。もちろん、害獣と一口にいってもネズミからアライグマなど、大小様々ですが基本的な駆除費用は大体同じくらいとなっています。

歴史から見る害獣とは

人間の生活を脅かす存在である害獣は、視点を変えればただの野生動物です。そんな野生動物が、害獣として人間と対峙するようになったのは、高度な社会を形成する人間にとって、避けられない自体でした。高度な社会を形成するようになったのが、農業による安定した食料生産を行うようになってからです。そうした状況にあって人間の作った作物と自然の作物との区別がつかない野生動物による、食害などそれまでの狩猟採集的な生活では生じなかった、人間と野生動物の間に摩擦が生じるようになりました。こうした摩擦は人間の生活が進化していくほどに激しくなり、害獣駆除されるケースも出てきました。歴史的に見てもっとも影響力が強い害獣は、ネズミです。ネズミは感染症を媒介するなどして多くの被害を出しました。そうしたネズミは古今東西、害獣駆除の代表です。

このエントリーをはてなブックマークに追加