被害を与える害獣

害獣が引き起こす人間や建物への被害

住宅地や市街地に出没し、人間に様々な被害を与える動物を害獣といいます。この害獣の中にイタチやハクビシン、アライグマ等がいます。本来は山に生息している動物や海外から輸入されて日本にきて捨てられ野生化した動物が、住宅に住み着いて人間に悪影響を与えているのです。人間が見かけることが多いネズミやコウモリも害獣です。害獣は住み着いた場所で大量の糞や尿をするため、ノミやダニ等が発生して人間に吸血や感染症等の被害を与えます。その上、巣作りの為に断熱材をボロボロにしたり、溜まった糞や尿で天井裏等の木材を腐らせたりします。ネズミは配線を齧ることがあり火災の危険性があります。害獣駆除の対策を急いで取らないと被害はどんどん広がっていきます。

害獣駆除は被害が少ないうちに

害獣駆除の必要性については先述しましたが、この害獣の中には鳥獣保護法等の法律で守られている動物がいます。そのため、勝手にわな等を仕掛けて捕獲し処分することができません。害獣駆除をする場合は、自治体に確認して駆除の申請と許可を得てからになります。許可を得て害獣駆除をした後は、大量の糞を清掃して感染症を防ぐ為の消毒等をする事になります。建物の断熱材や天井裏の板、配線に異常がないか確認し、場合によっては修理を依頼する必要があります。害獣が二度と侵入しないように侵入口を必ず塞ぐことも重要です。このように、害獣駆除が遅くなればなるほど、時間と費用がかかることになります。害獣の侵入に気が付いたら被害が少ないうちに対策をとりましょう。害獣駆除に詳しい業者に相談してみることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加